Original

カラオケ上達への道!歌が上手くなるにはどんな方法がある?

目次

 

1. 歌が上手い人は体の作りが完璧? 歌が上手くなる方法とは

2. カラオケが上手い人は自分の声を熟知している?カラオケが上手くなる方法とは

3. カラオケ上達はテクニックが必須!ボイトレでスキルをアップさせよう

4. まとめ

 

歌が上手い人は体の作りが完璧? 歌が上手くなる方法とは

 

歌が上手くなるには、腹式呼吸とブレスコントロールで筋肉を鍛えることが重要です。

ただ、やみくもに歌っているだけでは歌は上手くなりません。まずは、日々の体作りから始める必要があるのです。

声を出すときに動く筋肉には、呼吸筋と呼ばれる輪状甲状筋(のどを動かす筋肉)と呼吸をする際に動かす横隔膜があります。

横隔膜は拡大と収縮を繰り返して、発声のサポートを行っているため、歌が上手くなるためにはこの横隔膜をしっかりと鍛えなくてはなりません。それに、ぴったりなのが腹式呼吸というわけです。

腹式呼吸をするときは、鼻からたっぷりと空気を吸い込みお腹を膨らませた後、口から吐いて今度はお腹をへこませるようにします。

息を吐き出すときは、長く吐いてブレスコントロールをしてください。細く真っ直ぐ息を吐き出すようにして、徐々に吐く秒数を長くしていければ効果が高まります。

吸い込んだときに使った腹筋と背筋を、吐くときも同じように使うのがポイントです。

毎日ちょっとした時間に練習して、習慣付けると良いでしょう。

 

カラオケが上手い人は自分の声を熟知している?カラオケが上手くなる方法とは

 

カラオケが上手くなるためには、まず、自分の声がどのような声なのか知ることから始める必要があるでしょう。

自分が歌っているときに聞こえる声と、実際の声は違います。

カラオケや自宅でもどちらでも構わないので、声を録音して自分の声をしっかりとチェックしてみてください。よく聞いてみると、音程がズレていたり変なクセがついていたりすることがあるかもしれません。上手くなれない理由がそこに隠されていますので、しっかりと確認するようにしましょう。

自分の声を知ることができたら、次は上手くなりたい曲を完璧に覚えることが大切です。その曲を何度も飽きるまで聞いて、歌詞はもちろんのこと、リズムや息継ぎのタイミングもマスターします。

これを行うことで、自分が歌ったときに音程がズレていた部分や、自己流のクセがついていた部分などを直すことも可能です。

自宅で練習する際は、カラオケのように歌えるアプリなどを利用すると良いでしょう。

カラオケで練習する際は、音のみで行うようにしてください。ライブダムのまま音などボーカルの声が入っているものは、自分の声に集中できないため練習には不向きです。

 

カラオケ上達はテクニックが必須!ボイトレでスキルをアップさせよう

 

カラオケを上達させるためには、ライブダムの精密採点で使われているビブラートやしゃくりといったテクニックが必要になります。

まず、ビブラートのかけ方についてですが、簡単といわれているのが音程を上下させる練習法です。

音程を上下させるとは、出しやすい音で声を2秒ほど出した後に、今度はそこから約半音下げた音を出し、それを繰り返して最終的に間隔を短くしていきます。

音の揺れに気を付ければ、自然なビブラートを入れることができるようになるでしょう。

しゃくりは、本来の音よりも少し低い音から入るテクニックです。前の音が「ド」で次の音が「ラ」だとするなら、その前に「ファ」や「ソ」を入れてつないでいきます。

あまり意識せずに、なめらかにつないでいくように歌うと自然としゃくりを入れることが可能です。

 

まとめ

 

このほかにも、こぶしやフォールといったテクニックがたくさんあります。

これらのテクニックは自己流で練習するには難しいため、本当に上達したいのであればプロのボイストレーナーを付けて練習することが一番の近道です。

自分のスキルを磨いて、カラオケを上達させましょう。

 

びっくりするほど上手くなる!

当校自慢の講師陣!

スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?