Original

大人のためのボーカルレッスンに通ってみましょう

目次

 

1. ボイストレーニングは、いつから始めても遅くありません

2. 生徒さんの目的に合わせてレッスンします

3. 歌を楽しむことが大事です

4. 利点も把握しておきましょう

5. 歌が上手くなるための発声練習にはポイントが有ります

6. 歌が上手くなる近道

7.まとめ

 

ボイストレーニングは、いつから始めても遅くありません

 

ボイストレーニングは、いつから始めても遅くありません。

これまでボーカルを習ったことがない人でも、40代、50代になってからボイストレーニングを始める人もたくさんいます。目的はさまざまですが、ストレス解消や歌が上手くなりたいなどの理由の他に、高齢に近づくにつれて声が出にくくなったからもう一度声を出せるようになりたい、アンチエイジングに利用したいなどの理由もあります。

大人向けのボイストレーニングに通い始めたら、「かすれていた声がだんだんと蘇ってきたので嬉しい」という意見も聞こえます。

「昔は美しい声だったけれど、今は理想的な声が出なくてがっかりしている」という人も、諦めてしまうのは早いかもしれません。「高い声が出るだろうか」「リズム感がないけれど大丈夫なのか」と心配する人も多いでしょう。そのような理由で、いざ大人向けのボイストレーニングに通おうと思っても勇気が出ないのかもしれませんね。

 

生徒さんの目的に合わせてレッスンします

 

大人のボーカル教室では、それぞれの生徒がどのような目的と目標を持って通いにきたのかという点を重視しながらレッスンをします。

歌が上手くなる発声練習も習得できますし、50歳からの歌がうまくなる方法もきちんと教えてもらえます。

 

歌を楽しむことが大事です

 

大事なのは、歌を楽しむことです。

まずは気楽な気持ちで身構えずに、純粋に歌いたいと思った気持ちを大切にしてスタートしましょう。

大人になってから始めても決して遅くないことを感じ取れるはずです。いつから始めるのが大事なのかではなく、上手くなりたい気持ちが上達の近道です。

ですが、たしかに気持ちだけで若い人と比べた際のハンデが全て埋められるわけではありません。若い人と比べれば、コツを掴んだり習得するための時間は多くかかったりする場合もあります。

若くはないということをマイナスに思うのではなく、それを自覚さえしておけば、逆に心構えができて諦めてしまうことも減っていくのではないでしょうか。

 

利点も把握しておきましょう

 

もし若い人と比べるのであれば、利点も把握しておきましょう。

若い人には負けないものは、人生経験であったり人生に対する思いや感情もあふれるほどあったりするでしょう。困難に乗り越えてきた回数も違いますから、そこは聞いている人にも心に響かせられるポイントではないでしょうか。

 

歌が上手くなるための発声練習にはポイントが有ります

 

歌が上手くなる発声練習にはたくさんのポイントがあります。

腹式呼吸を身につけることは大前提です。姿勢も大事ですし、顎のひき方や口の開け方、声を響かせる感覚をつかんでいくことなど、ポイントを理解していけば美しい発声ができるようになります。

鏡を見ながら一人で練習をすることもできますが、正しく声が出ているかの確認も含めて客観的に見てもらうことが望ましいです。

 

歌が上手くなる近道

 

大人向けのボイストレーニングに通ってきちんと学ぶことは一番の近道です。

自分の体が楽器のようになって魅力的な声を響かせることができれば、喜びは限りないものになります。

始めることはいつからでも遅くありません。たとえ若い頃に音楽と向き合う暇がなかった人でも、40歳を過ぎてから、または50代以降になってからでも挑戦はできます。新たな趣味にしてみてもいいでしょう。

第二の人生の楽しみになるはずです

 

まとめ

 

第二の人生で歌の世界に目覚めてもおかしいことではありません。

ボイストレーニングに通って、自信のある歌が歌えるようになったら周りの人にも披露してみましょう。

目標をもってボーカルレッスンに取り組めば、人生をより楽しめるだけでなく、活き活きハツラツとしてきますし、気持ちも前向きになって、よりいっそう歌も楽しんで上達できるという好循環になっていくことでしょう。

 

ボイストレーニングでカラオケ上達を目指してしませんか!? 詳しくはこちら!

 

スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?