Original

大人向けのボーカルレッスンにはアンチエイジング効果も!?

目次

 

1. 大人向けのボイストレーニングが注目されているのを知っていますか

2. 大人むけボイストレーニング

3. まず、ストレッチから始めましょう

4. 腹式呼吸が大事です

5. 発声練習は無理なく少しずつ声を出しましょう

6. 毎日繰り返し練習しましょう

7.まとめ

 

大人向けのボイストレーニングが注目されているのを知っていますか。

 

「ボイストレーニングは歌手や俳優がするもの」という固定観念が少なくなり、誰でもチャレンジできる習い事になっているのです。

「カラオケで上手に歌いたい」という動機は多いのですが、「仕事や日常生活で少しでも良い声を出せるようになりたい」という人も多くなっています。

声はその人を印象付ける大きな要素になっているので、正しい発声でハリのある声は他人に好印象を与えます。

 

大人むけボイストレーニング

 

大人向けのボイストレーニングをして歌を上手に歌い、持ち味を活かした発声法を習得しましょう。

50歳からの歌がうまくなる方法としては、徐々に老化していく喉の筋肉を改善するような練習が必要です。若い頃に比べて声が出しにくい、声が小さくなったと感じるならボイストレーニングをしましょう。

年齢を重ねて筋肉が低下すると、肺から息を出すための筋肉も弱くなってしまうので声を出しにくくなるといった影響があります。口の周囲の筋肉なども老化により弱ってしまうと、滑舌も悪くなってしまいます。ボイストレーニングには発声で使う筋肉を鍛える意味もあります。

 

まず、ストレッチから始めましょう

 

ボイストレーニングを始める前には軽くストレッチをしましょう。

首を回すなどゆっくり動かすのがコツです。硬くなった全身の筋肉をほぐすことで、発声が楽になる効果が期待できます。

 

腹式呼吸が大事です

 

また、発声には正しい腹式呼吸をマスターすることが大切です。

腹式呼吸は、ゆっくり息を吐いて腹部が背中につくイメージで思い切りへこませていきます。立ったままでもいいのですが、床に仰向けになった状態で行うとわかりやすいでしょう。

息を吸ったときには、お腹が十分に膨らんでいればOKです。

はじめは3~5秒くらいかけて腹式呼吸をしますが、6秒以上へ徐々に時間を長くしていきましょう。

 

発声練習は無理なく少しずつ声を出しましょう

 

次に発声練習ですが、いきなり大きな声を出すのではなく、はじめは無理なく少しずつ声を出していくようにします。

歌が上手くなる発声練習としては、音の高さを半音ずつ上げながら低音から高音まで出していきます。このとき、自分が出せる音の範囲を確認しながら発声していきましょう。

はじめは出ない音も、トレーニングを繰り返すことで少しずつ音域が広がっていきます。

アイウエオの母音やパ行、タ行、カ行など、出しにくい音を意識して発音しておくと良いでしょう。大きなはっきりした声で、好きな本を音読することも良い方法です。

 

毎日繰り返し練習しましょう

 

大切なことは繰り返しボイストレーニングを行うことです。

よく使うことで発声に必要な筋肉が鍛えられていきますが、高齢になると効果が表れるまでには時間がかかるでしょう。あきらめずに毎日の習慣にすることをおすすめします。

歌が上手くなる発声練習をしてカラオケで歌うことは、楽しみながら喉の筋肉を鍛えることになります。

大人向けのボイストレーニングでは、少人数のレッスンが多くなっています。仲間とのコミュニケーションで会話することで、声を出す機会も増えることでしょう。

50歳からの歌がうまくなる方法としては、このように仲間と一緒に楽しむことがポイントです。ただし、長い時間自己流で歌い続けることは喉を傷める可能性もあるので避けるほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

ボイストレーニングにより、正しい発声法を理解したうえでカラオケを楽しむことをおすすめします。

ボイストレーニングで歌が上手になれば、普段の生活でも声が出やすくなり滑舌も良くなるでしょう。

よく声を出すことで心肺機能が向上すれば、アンチエイジング効果も期待できます。

高齢になっても仲間とのカラオケや生活を楽しむことができるように、大人向けのボイストレーニングを始めてみましょう。

 

びっくりするほど上手くなる!

ボーカル教室はこちら!

 

 

スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?