もっと綺麗な声で歌いたいあなたへ! ベルカント唱法をマスターしよう!!

歌う事が好きなのに、自分の声に自信が持てなくて、人前で歌えなくなってきたという人にぜひ、このベルカント唱法をマスターしていただきたいと思います。


声楽スクールやボイスレッスンに通わなくても、自宅で!独学で!高音が出せる様になります。


目次


1、ベルカント唱法について

2、ベルカント唱法の基本

3、その他の美しい高音を出す練習

4、ベルカント法以外でも綺麗な高音を出せる方法

5、最後に


1、ベルカント唱法について


ベルカント唱法は300年前から確立されていた唱法でイタリア語のベルカント(Bel Canto)には、美しき歌という意味があります。


伸びやかな声で喉に負担をかけることなく低音だけでなく高音まで出す事ができる万能な唱法とされ、オペラなどでもこの歌い方をされている方が多く知られています。


 この唱法は身体のバランス力で歌うので体の小さいアジア人(日本人)、イタリア人に適しており、年令に関わらず若々しい声量、声質で歌う事が可能です。


歴史上、日本では、ドイツ式の筋力を使う唱法が主流となったので、現在も日本では、実際にレッスンが受けられる場所は限られています。


今から、自宅で簡単に学ぶ事が可能なベルカント唱法をお伝えします。


2、ベルカント唱法の基本


ベルカント唱法の原理は腹式呼吸と鼻腔共鳴にあります。


まずは腹式呼吸を習得しましょう。


腹式呼吸は息を吸うときにお腹を膨らませます。


そして、息を吐くときにお腹がへこむように呼吸を整えます。


ここでのポイントは、「息を吸い切った瞬間まで力を入れすぎない」「吐く:吸う=1:1のタイミング」です。


これらに気をつけて、毎日取り組む様にしましょう。


次に鼻腔共鳴を習得しましょう。


鼻腔共鳴とは、ハミングをしたときに出る音のイメージで、喉から鼻の穴までの空洞を使って声を反射させて音を出す方法です。


①舌と上下の両あごを完全に引っ付けて口から声が出ない状態にします。


②この状態のままで、声を出しましょう。(声がでない場合は鼻を意識してみましょう。)この状態で鼻の頭が振動している状態が鼻腔共鳴です。


③さらに、声を頭のてっぺんから出すイメージと眉間から出すイメージを練習してみましょう。 
声の出す強さや位置で共鳴音が変わってきます。


これができる様になったら、口を開けた状態で同様に鼻腔共鳴を試しましょう。


美しい伸びの高音が出ていると思います。


3、その他の美しい高音を出す練習


高音を出すには「声帯(喉)の開き」が基本となります。


①先ずは、割っていない割箸を2セット準備します。


②割箸を縦にして、左右の奥歯に入れ軽く噛みます。そのままで「あー」とできるだけ長く発声しましょう。


③これができたら徐々に割箸を外していき、割箸がない状態で「あー」とできるだけ長く発声する。


以上の説明を読んでみても、うまくできない…一度でもいいからプロのレッスンを受けてみたい…という方ボイストレーニング教室で学ぶことをおすすめします。


最近、日本のボイストレーニング教室では、ベルカント唱法を基本とするオペラ概念で指導されているところが多いです。


よってボイストレーニング(教室)の入力検索で見つける事が可能です。


4、ベルカント法以外でも綺麗な高音を出せる方法


実は、ベルカント法以外でも綺麗な高音を出せる方法があります。以下でご紹介します。

1:鼻の奥の空間を開く
鼻腔共鳴と似ていますが開く場所が異なります。


喉ではなく鼻の奥の方を全力で開きます。


「これ以上開けたら、裂けてしまう!」という位にまで顔の筋肉を、全方向に開きましょう。


頬や口角が上がって、目も大きく見開いていますか? こうする事で、鼻の奥だけでなく喉や口の中が開く感覚がわかってくる事でしょう。


2:軟口蓋(口の中の上あごの一番奥の部分)に舌を当る発声方法


上記の顔の空間が開いた状態のまま、軟口蓋に当てるようにしながら声を出してみましょう。


高音になったとしても安定して綺麗な声が出せるようになります。


3:頭に響かせるイメージの高音発声方法


高音が出にくかったり、声がかすれたりする場合は、頭上ではなく後方に声を届けるイメージで出すと綺麗な高音が出ます。


難しい場合は、頭上に膨らませた風船を置いたと思い浮かべ。


次に、その風船を一気に割るつもりで発声してみましょう。


4:一本の軸を体の中心部で意識してみましょう。


ロングトーンや高音を出すときには、先ずは顎を引いて。


足から肩、耳までが一直線になるように立ってください。


そして体の中心部を真っ直ぐな軸が一本通っているイメージで、声を出してみましょう。


5、最後に


独学で美しい声の出し方を学ぶあなたに、いくつかの方法をまとめて紹介しました。


全ての方法に共通して言えることは、毎日、継続して少しずつ成果を積み上げて行くことです。


以上の方法を習得し、あなたが素晴らしい歌声を、自信を持って披露できる日が1日も早くくることを願っています。


ボイストレーニングするなら地域NO1のボーカルスクールへ!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ