カラオケで高音・低音が出しやすくなる秘訣とは!?

カラオケで歌を歌うとき、「サビに入るまでが低すぎて歌えない!」「高すぎて声がでないところがある」という悩みを抱えていませんか?


大好きな歌手の歌なのに思うように歌えないと少し悔しいですよね。


低音も高音も綺麗に発声できる歌手のように歌えたらカラオケがもっと楽しくなるはずですし、音域の幅が広がることで歌える曲も一気に増えます。


この記事では、高音・低音が出しやすくなる秘訣をお伝えしていきまのでぜひ参考にしてください。


目次


1、高音を綺麗に出すには?

2、裏声を使おう!

3、低音をマスターしよう

4、まとめ


・高音を綺麗に出すには?


高音が出せるようになると、曲のメインであるサビを上手に歌いこなすことができます。そのため声を高くしたいと思っている人は多いでしょう。


声を高くするには、日頃から声のトーンを上げて話すことを意識してください。普段の声が高くなることで、カラオケの時も無理なく高音が出せるようになります。


歌の上達だけでなく、声のトーンが高くなることで会話する相手に明るい印象を与えることができるためおすすめの方法です。


また、自分が出せるギリギリの高さの曲を歌うことで喉を鍛えることができます。

歌えるようになれば少し、また少しと高音の曲に挑戦していきましょう。高い声をだすときには、喉仏を上に引き上げながら喉を開くことを意識してください。

喉仏が上がると喉のスペースが狭くなりがちですので、深呼吸するときの喉の開きをイメージしながら空間を作りましょう。


・裏声を使おう!


声を高くするトレーニングを日頃から行っていても、地声の高さにはどうしても限界があります。そのため音程の高い曲は裏声を上手に使ってカバーしましょう。


地声では出せない高さの音でも裏声を使えばスムーズに出すことができます。ただ、裏声は地声よりもか細く聞こえがちです。


そのため、裏声を鍛える練習を取り入れましょう。

芯のある裏声を出すためには、高音を出すときと同じく喉をしっかり開く必要があるため、喉の開き方から練習してみるといいですね。


他にも、地声で出せる音程の場所も全て裏声で歌うという練習法が効果的です。裏声が鍛えられて綺麗に発声できるようになることで、喉の筋肉が強くなり地声にもハリがでます。


・低音をマスターしよう


高音の次は低音を綺麗に出す方法についてお話しさせて頂きます。

曲の始まりは音程が低いことが多いため、低音をマスターすれば歌い出しからかっこよくきめることができます。低い声をだすときにも、重要なのは喉の開きです。


喉の開き方がわからないという方は、一度鏡を持ちながらあくびをしてみてください。

喉の奥に大きなスペースができていると思います。あくびをするときは自然と喉が開くため、このときの状態を意識しながら歌を歌いましょう。


また、高音を出すときは喉仏を上にあげますが、低音を出すときは下に下げると歌いやすいです。このときアゴも気持ち下に下げてみましょう。喉を開く、喉仏を下げることの2点を意識すれば、深みのある低音をマスターすることができます。


・まとめ


高音や低音を出すための秘訣をお話しさせて頂きました。

普段の生活で実践できるものばかりですので、空き時間でトレーニングを行いましょう。音域の幅を広げて、色んな曲に挑戦してくださいね!



歌がうまくなる地域NO1のボーカルスクールはこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ