歌がうまくなる!ユナイテッドボイスの習得法‼︎

地声と裏声を好きなように混ぜ合わせることが出来るようになれば、あなたの歌唱力も見違えるほどアップし、ますます聴衆を魅了することが出来るでしょう。


その歌唱方法がユナイテッドボイス。


習得は少し難しいのですが、やってやれないことはありません。


習得方法をご紹介していきますので、ぜひトライしてみて下さい。


目次


1、ユナイテッドボイスの練習方法

2、脳を騙す

3、まとめ


ユナイテッドボイスの練習方法


地声と裏声を混ぜた声がユナイテッドボイスだと言えば一番近い表現でしょうか。


いつもの自分の地声をレッドボイス、裏声をブルーボイスと言います。


このレッドボイスとブルーボイスを自分の思い通りにコントロールして配分し、一つの声にするのがこのユナイテッドボイスの発声法です。


基本は裏声なのですが、そこに地声を混ぜていく感じです。


皆さんが地声を出す時は声帯が触れ合っています。


逆に裏声の時はほとんど声帯が触れ合っていない状態なのです。


この声帯が触れ合っていない状態の裏声から、徐々に声帯を閉じていき、声帯は触れ合っていないが、地声のように発声する感覚ですね。


この発声の練習方法ですが、最初は裏声のブルーボイスを鍛えることから始めます。


裏声で歌うことは実は案外難しく、自分では出来ていると思っていてもきちんと裏声が出せている人は少ないものです。皆さん結構無理をしているのです。


ですので、基礎となるブルーボイスで正しくナチュラルに歌えるようになる事を目指します。


まずはため息をついてみて下さい。


息を吐くことにより肩が下がり体が脱力します。


その脱力した声帯の触れ合っていない状態で裏声を出し共鳴を高い位置に持っていく練習をします。


これを繰り返し行い体に覚えさせるのです。


これが習得できたら次は声帯を触れ合わせていく練習をします。


ここで問題になってくるのが「意識」です。


声帯を触れ合わせていく練習は「意識」せずにしなくてはいけないのです。


私達は普段の生活では声に関して意識していませんが、特別なシチュエーションや歌を歌う時には、「今は地声で」、「ここはちょっと裏声で」などと意識をして声を出しています。


ユナイテッドボイスの発声にはこの「意識」が邪魔なのです。


意識が筋肉を収縮させ共鳴の形を変えてしまいます。


すると声の響きも変わり、裏声から地声に「変わった」という転換部分がとてもハッキリとしてしまうのです。


いかに意識をせずに声帯を触れ合わせていく事が出来るかがポイントになります。


脳を騙す


意識をしない事がいかに大変なことかが分かって頂けたのではないでしょうか。


しかしこれが出来るようにならなければ、ユナイテッドボイスが習得できないのです。


そこで必要になってくる次の練習が、脳を騙すという練習です。


意識イコール脳が指令を出す状態を作っていることです。


つまり脳を騙せば脳から筋肉収縮の司令は出ませんので、裏声から地声の変換点がなくなるわけです。


まず最初にレッドボイスで声を出します。そして一気に1オクターブ上げて、ブルーボイスにします。


今、声はブルーボイスですし、声帯もブルーボイスの声帯の形状になっています。


そこから滑らかに、「おおおおおお」と音を下げていって最初の音に戻りましょう。


滑らかに音を出すのがポイントです。


これを繰り返し行うことで脳が少しずつ騙された状態になり、やがて変換点を意識しないようになります。


一般的に男性の声の変換点はシかド辺りと言われていますが、脳を騙せるようになるとその変換点が存在しない状態になり、低い声を出しても裏声ベースのふわっとした柔らかな感じの音が出せるようになります。


人によってはこの方法よりも、地声の意識に裏声を混ぜていく方がやりやすいと言う方もいるでしょう。


地声から滑らかに裏声に変換していく感じですね。


地声ベースですので、こちらの方が力強い声になるでしょう。


ご自身の好みと、やりやすい方法で身につけられれば良いと思います。


まとめ


脳を騙すという作業は本当に大変で、繰り返し練習する必要があります。


しかし諦めずに根気よく続けていれば、きっと身に付けることができます。


ぜひチャレンジしてユナイテッドボイスを習得し、レベルアップを目指して下さい。


ユナイテッドボイスも習得できるボーカル教室はこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ