Original

腹式呼吸のやり方!正しい腹式呼吸で歌唱力アップを!!

歌がうまくなりたい。声をもっと大きく出して歌いたい。音程がいつも不安定、、、。

そんな思いをされている方、歌を歌う時、どのように発声し、どのように呼吸をされていますか?
思っていたより口が開いていなかったり、背中が丸まった姿勢の悪い状態で歌っている方って案外多いのです。

また歌唱において一番の基本は呼吸方法です。呼吸が正しくできていないと喉の筋肉がリラックスした状態になりませんので、よく通る響き渡るような声にはなりません。

正しい呼吸方法をご紹介しますので、ぜひ歌の上達のために取り入れて下さい。

 

目次

 

1、ボイストレーニングの基本、腹式呼吸の習得

2、腹式呼吸の練習方法 初心者用

3、効果的な腹式呼吸の練習方法 

4、まとめ

 

ボイストレーニングの基本、腹式呼吸の習得

 



ボイストレーニングに通われている方ならご存知の腹式呼吸。

歌がうまくなりたい人には絶対的に必要な基本の呼吸方法です。この腹式呼吸が正しく習得できていないと歌はうまくなりません。

腹式呼吸とは単純に言うと息を吸えばお腹が膨らみ、吐けばお腹がヘコむ呼吸方法です。

やり方はまず横隔膜を意識するところから始めます。肺の下、胃の上、このみぞおちの辺りに柔らかい横隔膜が胴体を横切るようにあるのをイメージします。
息を吐き出す時には、お腹にある空気を押し出すように下腹部に力を入れ、お腹をへこませていきます。吐き出される空気によって横隔膜や体内の臓器は上へ上へと押し上げられ、肺の下方に溜まっている空気を体外へ出していきます。

息を吸う時は下腹部の力を緩め、上がっていた臓器と横隔膜が元の位置に戻るのをイメージしながら深く空気を取り込みます。


これが腹式呼吸の基本動作で、正しく出来ていると空気は肺の下方に入っていくので、自然とお腹が膨らみます。チェックしてみてください。

 

腹式呼吸の練習方法 初心者用


腹式呼吸がどのようなものかは理解されたと思います。

しかし腹式呼吸が自然と出来るようになるにはちょっとしたコツと練習が必要。初めての方で、お腹のへこまし方が検討もつかない人には寝転び練習がおすすめです。

床に仰向けになって寝転び、自然に深くゆっくりと呼吸をしてみてください。
きっとお腹が押されるような感じがすると思います。寝転ぶことでお腹の上に重力がかかりますので、自然と腹式呼吸になるのですね。この状態で意識して腹式呼吸をしてみましょう。

この方法は全くコツの解らない初心者さん向けですので、感覚が掴めたそれで十分です。それ以上この姿勢で練習を続ける必要はありませんよ。
 

効果的な腹式呼吸の練習方法 

 

腹式呼吸のより実践的な練習方法です。
椅子に浅く腰掛け前屈みになります。足は肩幅に開きリラックス、両肘を膝に付けます。この姿勢で息を大きく吸います。
吸っている時、手を背筋に当ててみてください。腰回りから背中にかけて体が膨らむのを感じるはずです。

この姿勢は意識しなくても自然と腹式呼吸が出来る方法です。これで腹式呼吸の練習を繰り返し、体の感覚を掴み確実なものにしていきましょう。

ある程度コツがつかめてきたら直立しての練習を。身体がかなり覚えているはずですので、さらに楽に自然に腹式呼吸ができるはずです。
 

まとめ


腹式呼吸をすると腰や下腹部の筋肉が痛くなるという方がいらっしゃいます。
そのような方は力みすぎているのか、正しい呼吸ができていない可能性が高いです。腹式呼吸はあくまでも呼吸であり、腹筋を鍛える筋力トレーニングではありません。下腹部をへこませるのと、負荷をかけるのは違います。その部分の違いは理解しておく必要がありますね。

また同様に、腹筋や背筋がある方が力強く体内臓器や横隔膜を押せるのでトレーニングをしているという方もいるようですが、これは逆効果です。
あまりに過度な筋肉を付け過ぎると、身体が固くなってしまい動かせなくなってしまいます。

歌がうまくなりたくてせっかくトレーニングをしていても、それが自己流で間違っていては意味がありません。


正しい腹式呼吸の方法を知り、正しい練習の仕方で身につけましょう。専門のボイストレーナーに指導してもらうのも良い方法ですね。悪い所がより明確になり適切な指導が受けれますので、上達も早いです。

 

腹式呼吸からボイストレーニングまで目的に合わせてレッスンいたします。

あなたに合ったコースはこちら!

スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?