Original

腹式呼吸がうまくいかない人に読んでほしい!うまくいく3つのコツ

歌の上達に腹式呼吸のマスターは欠かせません。

ボイトレ教室でも呼吸法のレッスンは重視されていて、基礎の段階から組み込まれています。

それほど大事な腹式呼吸ですが、意識して頑張っているのにどうしても胸式呼吸になるという方も多いのではないでしょうか。

この記事では腹式呼吸がうまくいかない理由とマスターするためのコツについてお話しさせて頂きます。


目次


1、息を吸いすぎるとうまくいかない

2、その他の理由

3、まとめ


・息を吸いすぎるとうまくいかない


腹式呼吸はお腹に空気をためるようにイメージしながら行うため、つい息をたっぷりと吸ってしまうかもしれません。

ですが、息をたくさん吸い込みすぎると胸式呼吸になってしまうため要注意です。多くの生徒さんが、お腹まで空気を送ろうとして息を吸いすぎてしまっています。


腹式呼吸をマスターするためには、たくさんの空気を思い切り吸い込むのではなく鼻の周りにある空気を優しく吸い込みましょう。

口で息継ぎするときも同様に、勢いよく吸うのではなく柔らかく空気を吸ってください。そして、空気を目一杯吸うのではなく一杯になる手前で止めることを意識します。このポイントに気をつけることでスムーズに腹式呼吸ができるようになります。


・その他の理由


息の吸いすぎを改善してもなかなか腹式呼吸がうまくいかないという人は、他の理由が考えられます。

例えば、体がリラックスしていないと肩の筋肉に余計な力が入って腹式呼吸がうまくいかないことがあります。

緊張していたり、腹式呼吸を行おうと意識しすぎて体が硬くなっていませんか?

腹式呼吸の練習をするときは、深呼吸してから肩をくるくる回して体をほぐしてみてください。肩の力が抜けて軽くなると腹式呼吸を行いやすくなります。


また、息を吸うことを意識しすぎて体の中に入っている息を吐き出せていない人がいます。

肺に入った空気を吐ききっていないのに息を吸っても思うように体に息がたまりません。そのため、吸う前に息を吐ききる癖をつけましょう。


・まとめ


いかがでしたか?

「息を吸いすぎない」「肩に力を入れない」「肺の空気を吐ききってから吸う」この3つのコツを意識して練習すれば、今まで難しく感じていた腹式呼吸がすぐにうまくいくはずです。

腹式呼吸にお悩みの方はぜひこちらを参考にしながら練習に取り組んでくださいね。


腹式呼吸も学べるボーカルスクールはこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ