Original

ボイストレーナーになりたい!トレーナーとしての職を探す前にすべきこと

歌が上手な方は、ボーカルインストラクターやボイストレーナーの仕事に就きたいと考える方が多いようです。


音楽スクールで講師を目指す方は、早い段階で専門的な内容を学んで準備をすることが望ましいです。


そんな方のためにボイストレーナー採用時のポイントをご紹介します。


目次


1、トレーニング内容

2、まとめ


トレーニング内容


ボイストレーナーを例に挙げて、どのようなレベルや種類に指導内容が分けられるかは、次の三つが考えられます。


①子供や児童向けクラス

②音大入学、音大所属生徒向けクラス

③プロとしての仕事を目指す、もしくは、プロとしての仕事をしていてスキルアップを望む生徒向けクラス


それぞれのクラスでは、生徒さんのバックグラウンドも異なればモチベーション、技術や練習する曲も大きく異なります。


自分の指導技術や実力とともに、興味や関心にあうものを選ぶことが大切です。


他にも学校の雰囲気やシステム、待遇や保障、給料なども考慮して勤務場所を決めることになると思います。


最近は、ウェブサイトを使って全国各地の情報が手に入りますが、まずは、自分が通った学校や気に入っているスクールで求人募集を行っていないかどうか調べることをお勧めします。


面接時に、自信を持ってアピールができるように、自分が得意とする指導スキルだけでなく、ピアノともう一種類楽器を使った弾き語りができる必要があると思います。


実技試験がある所もあるので、日頃のメンテナンスは必須です。


学校によっては、音楽大学卒業資格や専門学校卒業者などが条件だったり、指導経験を重視する所など様々ありますので、詳しくチェックするようにしましょう。


講師養成コースを設置するスクールもあり、それらは、実技体験も含まれているので卒業して間もなく、指導経験のない方、自分の指導力に自信がない方などは受講をお勧めします。


実際にトレーナーの職を得て、働き始めても、自分のスキル外の指導を求められる生徒さんに会うことも出てくるでしょう。


その場合は、恥じる事なく自分のスキルアップのためのレッスンを受けるようにしましょう。


まとめ


ボーカルトレーナーやボイストレーナーの仕事は、自分の特技を生かし、生徒の成長を感じられるだけでなく自分のスキルアップも叶えられる素晴らしい仕事です。


自信を持って生徒さんに指導できるよう日々の努力が必要です。


ボイストレーナー養成コースがあるボーカルスクールはこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ