ボイストレーナー・講師になりたい!ボイストレーナーになる方法‼︎

歌を仕事にすると聞くとプロの歌手やボーカリストを思い浮かべるかもしれませんが、ボーカルの講師も歌で生きていく仕事の1つです。


歌が上手くなりたい人をサポートするボーカル講師に憧れる人は少なくありません。


今回はボイストレーナーになるために知っておきたい知識や講師になる方法についてご紹介していきます。


目次


1、ボイストレーナーの仕事内容

2、気になる収入は?どんな人が向いている?

3、ボイストレーナーになる方法

4、まとめ


・ボイストレーナーの仕事内容


ボイストレーナーはボーカルスクールで歌を指導する人のことを指します。


基本的な呼吸法からビブラートのテクニックなど、教える生徒のレベルに合わせてトレーニングを行っていきます。


ボイストレーナーにはボイトレの知識や高い歌唱力が求められます。


また、生徒に歌うことの楽しさを教えることも大切ですので、「自分も歌うことが大好き!」という人がボイストレーナーに向いています。


ボイストレーナーが活躍する場はボイトレ教室の他に劇団のミュージカルの指導を行う場もあります。


カラオケが好きな年配の方、プロを目指す学生など、教える相手の目標やレベルはさまざまですので、それぞれの生徒に合わせたレッスンカリキュラムを組んで個々の良さを最大限に発揮させることがトレーナーの使命と言えます。


・気になる収入は?どんな人が向いている?


ボイストレーナーの収入はどれくらいなのか気になりますよね。


その人の経験や能力により変わってきますが、一般的にはボーカルスクールで働く場合月給20万円前後になります。


また初めから正社員で募集している求人は少ないため、まずはパートや契約社員として勤務を開始することが多いです。


ボイストレーナーに自分が向いているかどうか知りたい方も多いと思います。


まずボイストレーナーの特徴として、人と接することが好きな人というのが挙げられます。


何人もの生徒と関わるお仕事なので、社交的で明るい人が向いています。


そして生徒の上達を自分のことのように喜べたり、歌の魅力を上手に生徒に伝えられる人が良いボイストレーナーと言えます。


・ボイストレーナーになる方法


ボイストレーナーは資格がなくても働くことができます。


そのため歌うことが好きでボイトレの知識がある人なら、募集している求人に応募すれば採用してもらえる場合があります。


もし経験がなくていきなり応募するのが不安という人は、それぞれのスクールが独自で開いている養成コースを卒業することでボイストレーナーとしての資格を取ることが可能です


もし働きたいボイトレ教室が決まっているという人は、そのボイトレ教室でトレーナーを育成するコースを受けることをおすすめします。


コースを卒業すればそのままボイストレーナーとして働くことができる確率が高まります。


トレーナーを育成するコースは専門性が高いことから月謝が高いことが多いですが、トレーナーとしての歌唱力や知識を習得することができるため効率的な方法です。


・まとめ


以上、ボイストレーナーについてのお話でした。好きなことを仕事にするのはとても夢があり誰もが憧れることだと思います。


ボイストレーナーに興味がある方はぜひ挑戦してみてください。


人気の講師養成講座があるボーカルスクールはこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ