Original

【ボイトレで歌がうまくなる】家でも簡単にできる歌の上達・練習方法を紹介!


歌がうまくなることをめざして日々練習したり、カラオケで上達しようとたくさん歌ったりしていても、思うように上達しないと悩んでいる方は多いです。


実は大抵の人は闇雲に歌ってもなかなか上達するものではなく、歌がうまくなるにはいくつかコツがあるのです。


カラオケやボーカルスクールにたくさん行って「場数をこなす」のももちろん大事ですが、まずは家で簡単にできる上達・練習方法もありますので、今回は「家で簡単にできる歌の上達・練習方法」を紹介します!


目次


1、腹式呼吸を習得する

2、発声方法を習得する

3、自分の声と歌をよく知る

4、まとめ


①    腹式呼吸を習得する


まずは、歌の上達の基本である腹式呼吸を習得する練習を行います。


腹式呼吸は「お腹で呼吸する」と書きますが、実際には「横隔膜」というお腹と胸の間位にある部分を積極的に動かして呼吸をすることを指します。


歌を歌うときにはこの腹式呼吸を行う事で、リラックスして発声できるので、喉に負担をかけずに力一杯歌えるようになります。


さて、腹式呼吸の習得方法はいろいろありますが、身近な練習方法として「手放しで風船を膨らませる」というのがあります。


普通のゴム風船でいいので、これを手を添えずに膨らませます。


胸式呼吸で一気に息を吐くと風船が落ちてしまいますので、風船が落ちないように呼吸するうちに、自然と腹式呼吸ができあがります。


膨らませるようになったら、今度は膨らませて→しぼませて→膨らませてをリズミカルに連続して行います。


これが自在にできるようになれば、自然と腹式呼吸をしながら、息を素早く吸うこともできるようになっているはずです。


あとは、この呼吸法を自分に染みつかせて、歌を歌うときも同じ呼吸法を維持するよう徹底しましょう。


②    発声方法を習得する


さて、続いては発声方法ですが、まず歌を上達させる第一歩として、「喉の力を抜いた発声」をすることが大切ですが、これもある程度家で練習できます。


まず先に腹式呼吸をできるよう練習しておきます。


まず、腹式呼吸を意識して息を吐きます。


その時は口を少し開けて、ため息を吐くように、でも勢いをつけずゆっくり吐きます。


これを数回行ったのち、今度は、その吐く息に乗せるように「あー」と発声します。


とにかく喉に力が入らないようにする練習なので、あくまで息を吐くように発声します。


慣れてきたら最初は「あー」でいいので音程をつけて歌ってみます。


口の開け方も家で簡単に練習しておくことができますね。


これは端的には「自然と大きな口を開けられるようになる」ことが大切です。


プロの歌手は口が大きく見えることが多いかと思いますが、これは勿論持って生まれたものもありますが、大抵は「大きく口を開けられた方が歌が上達する」ことから、ある程度訓練されているものです。


日々すこしでいいので、口を限界までゆっくり開けて・閉じてを繰り返す、自然に笑うように目一杯横に広げる、という体操を行うといいです。


最初は難しいですが、「顔に力を入れずに」自然にできるように心がけることが大切です。


③    自分の声と歌をよく知る


歌がうまくなる、というと「どんな曲でも自由に歌える」ことを想像しがちですが、実際にはこれはかなり難しことです。


歌唱力あるトッププロクラスですら、音楽番組なんかで「他人の歌を当然のようにカバーしている」時は実際には曲選びを綿密に行い、練習を重ねた上で出演しています。


つまり歌を上達させるには、自分にあった曲を選び、それをひたすら知ることが重要です。


自分に合った曲は徹底的に選ぶとなるとそれこそボーカルスクールなどで指導を受けるのが望ましいです。


声質やリズム感などはなかなか自分だけで合っているかどうか判断するのが難しいからです。


一方で、家でもある程度選ぶことが可能な要素として「音域」があります。


まず、自分が「目一杯で出せる最高音域」と「継続的に出せる音域」を知るようにします。


楽器があればそれを弾きながら発声して判断できるのでより正確です(多分ピアノや鍵盤ハーモニカなどがが一番いいです)続いてその音域に当てはまる曲を見つけます。


ポイントは「最高音域」と「曲で多く登場する音域」を分けて判断することです。


「目一杯で出せる箇所は1―2箇所程度以内」に済むような曲が一番ちょうどいいでしょう。


今はネットなどで音域を簡単に検索できるので、どんどん活用しましょう。


「ちょうどいい曲」が見つかったら、それをひたすら聞き込みます。


ただ楽しむだけでならばともかく、歌を上達するという観点からは徹底的に歌を知ることが大事です。


歌詞はもちろんですが、歌の入り方、伸ばし方、ため方、できるだけ細かく覚えます。


カラオケで歌が上達したと感じる時、画面の歌詞をあまり見る必要がなくなっているということも多いかと思います。


日常的に聴き込むことで、歌詞はもちろん歌の細かい特徴まで覚えてしまうことが大切です。


まとめ


今回はあくまで歌がうまくなるための「家でできる」練習法・上達法を紹介しました。


ここからはカラオケに行ったり、ボーカルスクールに通うことで実際に歌う練習をしていくことが肝要になっていきます。


しかし、実際のところ、これら家で準備できるポイントをしっかりとこなしておくだけで、すでに練習をしていない「完全な素人」とは一味違った歌が歌えるようになっているはずです。


まずは土台として、ここで紹介した家でできることを実践してから、カラオケやボーカルスクールに臨みましょう!


プロ目指すならプロ養成コースがあるボーカルスクールはこちら!


スクールのこと、コースのこと、歌のこと、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは

0120-80-3702

メールフォームによるお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ